忍者ブログ

つらつらつれづれ

Home > ブログ > Doctor Strange > Doctor Strange

Doctor Strange

ベネディクト・カンバーバッチ、仕事しすぎ。
だあーーーっといろんな情報が流れてきて、どうしていいかわからなくてあたふたしてます。
とりあえず『ドクター・ストレンジ』をですね・・・。



ベネさんが演じることが決まるまで、ドクター・ストレンジなんて知らなーい!って思ってたんですが、実は2004年にその名前は耳にしてたんですね。
サム・ライミ版「スパイダーマン2」で、ドクター・オクトパスにまだ名前がついていない時、新聞の見出しに載せるための名前候補のひとつに挙がっていたのです。
Huluにあったので懐かしくて見ていたらドクターの名前が出てきて、「ああっ!私たちこんな昔に出会っていたのね!?」みたいな気持ちになりました。
あの頃、「ドクター・ストレンジ」がマーベルヒーローの名前だっていうのは知っていたんですが、そうかー、あの名前が挙がってた人が映画になるんだねえ・・・と時の流れを感じたりして。

名前は耳にしていたものの(そして忘れていた)、どういうヒーローかは詳しくは知りません。
Wikipediaで読んだくらい。
トレイラーを見ている限りでは、なんというか・・・可愛らしいオジサマ?
まだまだ完ぺきではなくて、たまに失敗もしちゃったり。でも本人大真面目で。
事故にあうまでは天才脳外科医でプライドも高く、嫌な奴だったようですが、大きな挫折を味わうことで成長したんでしょうね。

ドクターのマント、自我があるようにみえますね。懐いてて可愛い~。
きっと、彼を使いこなせるマスターが現れるのをずっと待っていたに違いありません。
何年も何十年もハンガーにかけられたまま・・・。


こういう、魔法を発動させるために1アクション挟むっていうのすごくいい!!好き。
マンガ・アニメで育った身としてはワクワクしちゃう。
ドクターの魔法は、体のチャクラから周りのエネルギーを取り込んで、増幅するなり変質させるなりして放出するって感じなのかなー。
とにかく、これまでのマーベルヒーローとは一線を画したものになりそう。

公開は1月。
年末の大掃除と、年始のおせちを乗り切ればドクターに会える・・・。
がんばろう。ドクターに会うために。

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP