忍者ブログ

つらつらつれづれ

Home > ブログ > THE HOLLOW CROWN

ホロウ・クラウン おまけ


リチャードがアンに『hedgehog !』って言われてたけど、あれは罵りとか呪詛的な言葉なのだろうか。
こんなに可愛いのに?
『このカワイコちゃんめ!』と言っていたとしか思えん・・・。

なんかこう・・・ほめ殺し的な感じなのか・・・?
ホントのとこ、どうなんですかシェイクスピア先生。
PR

ホロウ・クラウン その4

「ゲーム・オブ・スローンズ」と並行しつつ、途中「超高速!参勤交代」で殿様に癒され、「シン・ゴジラ」では日本人男性のYシャツ姿に萌えを感じ、しかしながらなんだかんだで2回観ました「ホロウ・クラウン」。
2回と威張ってみても、リチャード三世のパートだけですけどね!
人間関係がわからないな、と思って系図を作ってみたんですが、薔薇戦争っていうのは身内同士の血で血を洗う戦いだったんですね。
今更何言ってんだって感じですが、ほら、私日本史選択だったから・・・。


謀略を巡らせて邪魔者を消し、権力を手に入れるも長くは続かず、また次の王が玉座に座る。

  祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり
  沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす
  驕れる者久しからず ただ春の夜の夢の如し
  猛き人もついには滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ

「平家物語」の冒頭ですが、これを思い出しました。 
洋の東西を問わず、歴史というのはこうやって作られていくのだなと。

「ハムレット」の時と違って、日本語字幕が付くし、繰り返し観ることができるしで、すっかり油断してあまり予習をしなかったんですが、やはり本を読んでおけばよかったなあ。
私は文章を読んで頭の中に空間を広げるという作業が苦手です。想像力が貧困です。きっと右脳が仕事してないのです。「ハムレット」を読んだ時も目が滑る滑る。
「リチャード三世」も決して楽しく読めるとは思えないんですが、テレビ用にセリフを変更したところなどを確認したかった。
それとですね、予習不足ながらもリチャードは残虐で恐ろしい人物であるという認識だったんですが、ベネ版リチャードはちょっと違うんじゃない?と思ったので。
比較のためにまっさらな状態で本を読んで、自分なりのイメージを作っておけばよかったかも。
他の人が演じたリチャード三世とも比べてみたいと思うけど、ハムレットの時と違って映像がないんだなー。イアン・マッケラン氏の「リチャード三世」ご近所ではレンタルされてなかった。残念。
舞台だとマーティンがやっていたそうですが、これも見る機会はなさそう。
イギリスはさー、もうちょっと自分の国の文化を諸外国に売り込めばいいと思うよ?手軽に舞台を見られるようにしてよ。DVD販売しよう?ね?

さて、私はベネリチャードからは「恐ろしさ」よりも「哀しさ」を強く感じました。哀れな、とか痛々しい、とかそういう感じ。『祇園精舎の鐘の声・・・』もそこからの連想ですね。
「第4の壁」を破って、人を嘲笑いながら独白するリチャードだけれど、時にその嗤いは自分にも向いていたような。

そして幾つかのセリフのないほんの一瞬、そこだけ切り取られたような空間を感じました。例えばアンとの会話の後、エリザベスとの会話の後。
似たような感覚が「ハムレット」の墓堀り(道化)の出てくるシーンを読んだときにもあったんですが、「リチャード三世」では道化は出てこないですよね。
あの一瞬、リチャードはリチャードであり、道化であり、狂言廻しであり、もしかしたら第4の壁すら超えた存在としてベネさんは演じていたんではないだろうか・・・というのは考えすぎかしら。
そこから感じたのが「リチャード三世の哀しさ」なのかな、と。
そして、この感覚はラストのどこまでも広がる死者、戦争の虚しさへと繋がるのではないでしょうか。



・・・などと言いつつも自信がありません。
ベネさん可愛さに、リチャードも必要以上に贔屓目に見ているのではないか?と疑心暗鬼です。
ねじくれた背骨でさえ「彫刻みたい♡」って思いましたしね。
他の「リチャード三世」を見て比べてみたーい!

ホロウ・クラウン その3/系図






サムネをクリックすると大きな画像が出ます












「ホロウ・クラウン」のざっくりした系図です。
SEASON1は第一話しかみてないから、「これ、本当にこの人?」って思いながら画像張りましたけどあってますかね。
キニアさんはヘンリー4世の若い頃でいいんだよねえ・・・?
マーガレットとヘンリー6世の息子さんは、もう画像を探すのがメンドクサクなったのでパス。
ほらほら、ベネさんに首かっ切られて殺された人だよ!
一番下、ウォリック伯の娘がイザベルとアンです。イザベルとアンの間にウォリックが生まれたわけじゃないです。
これ、ウォリックお父さんを上に持ってくるべきだったかな?逆にわかりずらいかなー。

ホロウ・クラウン その2

ホロウ・クラウンが「リチャード三世」に入りました。Part 1です。
リチャードがセクシーで美しいなと思いました。
そして声がスゴく素敵。ちょっと低めに発声してるのかな。
やはり舞台で活躍すべき人なのかもねえ。
でも、彼の表情の豊かさ・細やかさは観客席からではしっかりと見えないだろうから、それはとてももったいないし。


リチャードが残虐な人間なのは、彼が異形であったためか?と思ったけれどそんなこともなかった、と前回書きましたが・・・やっぱりそうだった。(くどい)

異形に生まれついたものは忌まわしい存在だと、そんな自分を否定する世界など愛せようはずもない。
ただ、彼が憎悪する世界には、彼自身も含まれているように思えてならない。
彼の心の内は、画面を通り越して直接こちら側に語られるけれど、まだ言葉になっていない深みには憎しみ以外の感情もあるのではないのか。
そんなことを感じさせるベネさんのリチャードでした。
Part1を見た限りでは、リチャードがただ狡猾で残忍なだけの人物には思えない。
演じる側がどう解釈するかでかなり印象が変化しそうな役だなと思いました。


 
この顔好き~。
シャーロックの時もこんな顔してましたね。




アンと森で別れた後のシーン。
口にする言葉とは裏腹に涙を流すリチャード。
ここ、涙が流れているのは分かるものの、画面が暗くてリチャードの表情が見えないんですが、画像を明るくしてみるとこんな顔してた・・・。
舞台だと見逃してしまうかも。
こういう演技が、ベネさんのリチャードがただの悪役ではないと感じさせる所以ではないかと思うんですよ。

ホロウ・クラウン その1

「ゲースロ」だけでなく、「夫」という避けるわけにはいかない壁のせいで、妻のドラマ鑑賞は予定通りいかないんだー!妻はお出かけするより、一人でTVを見たいんだよ・・・。
ほらもー、あっという間にベネさんの登場回じゃないか!

というわけで、きっちりシーズン1から観る予定でしたが、さっくり飛ばしてシーズン2。
予習も叶わず真っ白な状態で、1話から3話まで鑑賞。
シーズン1のリチャード二世を観た後のヘンリー六世なんですけど、この人もアレ?って感じの王様だなー。しましまさんが言っていたのはこれか!
一言で表すと・・・ヘタレ?
リチャード二世はまだ1話だけなので、きっとあの後続きを観ればバカ殿の印象は変わるんじゃないかと思ってるんですが、ヘンリーはどうだろうか・・・。
今後の展開に期待しましょう。

本当になんの準備もなく見始めたので、内容がどうとかいうのは後に置いておいて。
リチャードの初登場シーンが可愛らしかったな!とまず私は言いたいわけです。
それだけです。



わあ!可愛らしい♡



わあ!顔がなげぇ♡・・・ではなくて。
可愛いなあ、と思いました。本当です。
無邪気な、子供みたいな顔だな~と。

リチャード三世の残忍さ、というのはもしかしたら、彼の幼少時代に受けた身体的ハンディキャップへの非道な扱いも一因かと思ったのですが、そういう描写はなかったですね。
ちゃんと分け隔てなく親から愛情を受けているように見えました。
だとしたら彼の残忍さは持って生まれたものなんでしょうか。
まあねえ、無邪気さと狂気は紙一重ですしね。
(最近ではリチャード三世は今まで信じられてきたような恐ろしい人物ではなかったという説もあるようですが)

リチャードがあまりにも無垢な表情を見せるので、はて、この時彼は何歳であろうかとwikiで調べてみました。
ざっと通して観ただけなので年代がよくわからないんですが、サマセット公が戦死したことから、多分3話の最後は1455年のセント・オールバーンズの戦いでしょうか。
リチャードが生まれたのが1452年。
だとしたら
上の画像のリチャードは3歳です!!


いくらなんでもそりゃないだろうよ、ともうちょっと調べたところ、シェイクスピアの「ヘンリー六世」ではリチャード三世の年齢は本来のものより上げて描かれているそうなので納得。
十代後半か二十代前半・・・とかそんなところでしょうかね~。

どちらにしてもベネさんの年齢よりずっと若い役であるのは間違いない。
そしてほとんど情報なしでみた私には、未来にまだなんの憂いも感じていない、真っ直ぐな視線を持った子供、に見えたわけです。
だって3歳だものね!!(←違う)

40を目前にして3歳を(本当は違うけど)表現するベネディクト・カンバーバッチ。
恐るべし(違うけど)。

PAGE TOP