忍者ブログ

つらつらつれづれ

Home > ブログ > Frankenstein > 地団駄を踏む

地団駄を踏む

朝からhedgehogさんのブログで「フランケンシュタイン」の考察を読む。
とてもおもしろい。
おもしろくって・・・
おもしろくって・・・
みたーい!みたいよー!と朝からhedgehogさんのところで地団駄を踏む。


どちらかと言えば、クリーチャー版を見たかった。
ベネさんの「人ではないもの」の演技を見たかったから。
この人はいったいいくつの引き出しを持ってるの?っていつも思います。
イズリントンにしても、声だけで違う次元の存在を納得させてしまう彼の演技力。素晴らしいです。そこに全身を使っての表現が乗っかるわけですから。期待してしまいます。
クリーチャーとはなんでしょうか。
人の体の寄せ集めで、人から生まれたわけではないのに、やはり人と同じ生命?
そういうものを、ベネさんがどう演じるのか見たかったわけです。

でもhedgehogさんのブログを読んで、博士のほうをみたくなりまして。
自分では気付くことなく、実は自分のほうがモンスターだったんですね、博士は。
ああ、これはこれで「人ではないもの」を演じるってことかな。


うわーん!みたいよう!
・・・と地団駄を踏んでいたらhedgehogさんから「シネリーブル池袋で9月5日~9月18日まで再上映されることが決まりましたよ」と教えていただきました。
それも両方のバージョンで。
これはいかねば、と思ったのもつかの間。
予約が3日前からしかとれない。
私、海外住まいですから・・・。
ああ・・・・。
どうすれば。
夜も地団駄地団駄。
きいいいいいっ!


見事なバッチさんのおしり。
コレが見たいがために
クリーチャー版がいいって
言ってたわけじゃないんです!
本当です!






 













こちらはしましまさんのところにもあった画像ですね。
コレ見た時、どこの王子様かと思いました。
は~、キレイ・・・。
PR

6 Comment

無題

うふふ、地団駄を踏んでくださりありがとうございます。ネタバレしすぎている気もしますが、観る時は私の勝手な感想に引きずられることなく、まっさらな気持ちで観てくださいね。

と、言いつつ、

>ああ、これはこれで「人ではないもの」を演じるってことかな。


客席から思わず、「このひとでなし〜!」と声をかけたくなるような博士でした。お楽しみに♡

無題

さら~っとだけです。読んだのは。
じっくり読んじゃうと先入観もってしまうかなあ・・・と思って。
でも、今回1度きりの鑑賞になるでしょうから、ある程度どこを見るべきか焦点を絞っておいた方が理解が深まると思うので、あの記事はとてもためになりました。

はははははかせのこうこつとしたひょうじょうをみのがすわけにはいきませんし!
(すでに私の心はまっさら・真っ白ではなくなっているかもしれません)

1日おきにバージョンが変わるんでしょうかね?

無題

前半・後半だった-!!
後半のクリーチャーバージョンしか日程が取れない-。

博士の・・・博士の恍惚とした表情が見たかった・・・。
もうDVD出してくださいよう・・・。

無題

池袋の再演の話をWINTさんにしなくては、しなくては、とこちらに来てみたら、しっかりもう話は終わってましたね・・・^^!
頑張って恍惚のひょじょうを見届けてくださいませ!

無題

うう、できれば両バージョン観ていただきたかったので残念です。博士の恍惚もいいですが、クリーチャーのお尻もいいですよ!

無題

しましまさんにも気にしていただいていたんですね。
ありがたいことです。
行くことに決定しました。東京へ!
ちょっと怖い・・・。
迷子にならないようにいろいろスマホにアプリを入れたんですけど使いこなせるでしょうか・・・。

hedgehogさん
クリーチャーのおしり観察に集中したいと思います。

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP