忍者ブログ

つらつらつれづれ

Home > ブログ > 映画・ドラマ・舞台 > シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

「シン・ゴジラ」をみました。
だってTLにおもしろーい!おもしろーい!って評判がドンドン流れてくるんですもん。

去年の春までは、つまりバッチ氏に心動かされるまでは、なんだか色々な欲望がなくなって悟りの境地のような心持になっちゃってたもんで、映画だってDVDがレンタルされたら見ればいいわー・・・って思ってたなあ。
でも、おうちでゆっくりDVD鑑賞もいいんだけど、大画面で、もしくは3Dで見ないと絶対損だって作品もあるよね。去年は「マッド・マックス」を映画館で見ればよかった!って後悔した。あと、「コードネームU.N.C.L.E」。
なので今年はそんなことのないように、心に引っかかった作品はできるだけ見に行こう!と決意したのです。
でもまさかゴジラを見に行くとは。
なんで今更ゴジラなのさ!って劇場予告を見た時は思ったのにさー。

春に見た「オデッセイ」、よくあるストーリーを盛り上げるための「ひとり抜け駆けしていい目を見ようとする人」とか「嫉妬心から他人の足を引っ張る人」とか、そんなトラブル・メーカーが全く出てこなかった。
出てくるのは「自分のすべき事をベストを尽くしてやる人たち」だけだ。
そういうった人たちの努力がラストに向かって一直線に向かっていくのが、見ていて清々しかった。

「シン・ゴジラ」もそれに近いなと思いました。
でも「オデッセイ」で活躍したNASAのエリート達よりも、もっと身近な人たちが頑張ってるって感じ。
だって舞台が東京だしね。
もちろん、中心となってリードしていくのは日本のエリート達なんだけど、彼らはもしかしたら小学校で隣のクラスだった○○君だったり、隣の老夫婦の一人娘だったりするかもしれない・・・って妄想も捗るってもんだ。
で、そういう人たちが問題解決のために黙々と行動する。「お涙頂戴」的な余計なものは一切ない。
恋愛とか家庭の危機とか、そういうのを入れたほうがいいという案があったそうだけど、庵野監督はバッサリと却下したそうな。
最初から最後までずっと肩に力入りっぱなしの緊張しっぱなしで見てたんだけど、そんな張り詰めた中に愛だの恋だのウエットなものが差し込まれなくて本当に良かった。
そんなのなくても面白いものは十分面白いんだよ!

日本で作られる「非日常」を題材とした映画等は、嘘臭さが鼻についたり説得力がなかったりで、あまり好きじゃなかった。映像のクオリティが低くて、子供騙しだな・・・と思うこともある。
前者に関しては失礼ながら、俳優さんたちの演技力不足なのか?と思ったこともあるが、全くそんなことはなかった。
しょぼいしょぼいと思っていた日本のCGも、今回は全く気にならない。
それどころかゴジラ初登場のシーンでは、心の中で(ぎょえー!)と叫んでしまったほどだ。大人なのに。声に出なくて本当に良かった。
CG技術が向上し、数多のクリーチャーが生み出され、なんだかもう目が慣れちゃったわという感じだったのに、とにかく今回のゴジラは怖くて、そしてキモチワルイのだ。

結局、作品の世界の骨組みを、これでもかというくらに緻密に、厳密に、ぎゅうぎゅうと作りこんでおけば、多少いびつなものを放り込んでも作品の中ではリアルなものとして観客は受け止めることができるってことだろうか。
庵野監督って病的に細かいことに拘る人なんじゃないのかなーって思ったんだけど、どうなんでしょうね。



それからちょっと蛇足なんだけれど、これ海外でも上映される予定でしょ?
この映画をきっかけに石原さとみの人気が出たら面白いなって思ってる。
例えば菊地凛子のほうが海外受けする顔なんだろうけど、日本人の「KAWAII」って感覚からみたら石原さとみのほうが「日本的」かなって。
でも童顔で子供みたいって思われてダメなのかしらねー、「KAWAII」は。

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP