忍者ブログ

つらつらつれづれ

Home > ブログ > 映画・ドラマ・舞台 > 怪盗グルーのミニオン危機一発

怪盗グルーのミニオン危機一発

ミニオンズかわいいな~。
可愛くて可愛くてどうしてくれようかってくらい可愛い。




「怪盗グルーのミニオン危機一発」が前作に続いてとても面白かった。
長女の恋にやきもきしたり、グルーのお父さんぶりが板に付いてきて微笑ましいったら。
そして今回はルーシーという女性とのラブストーリーもあって、ラストはなんとも『Happy』な気分!
このルーシーも魅力的。表情がくるくる変わって、明るくて、グルーの子供の頃のトラウマも消し去ってくれる(ここのシーン、笑いつつも小さな女の子の残酷さでグルーがどれだけ傷ついたかと思うと切なくなる・・・)。
絵柄がちょっと苦手だったし、子供向けだと思ってたけど、これは3Dで見れば良かったなー。失敗したー。

ああ!そしてミニオンズ!
きいろい~。かわいい~。相変わらずいいおしり~。
DVDには特典映像としてミニストーリーが3本入っているんだけど、どれも完成度が高い。
1本5分程度の長さなのに、おもしろさがぎゅーっと詰まってる。
ミニオンズのかわいさもギュギュ~っと詰まりに詰まって・・・ああ、かわいい!!
なんでそんなにかわいいのさ!


とにかく、キャラクター一人一人の表情・動きが生き生きしていて、コンピューターによるアニメ制作の技術の向上がめざましいなと改めて驚いてしまった。
手描きじゃなくなったら、独特の暖かみが出せなくなるんじゃないかと以前は思ってたけど杞憂だったね。
でも、デフォルメされたアニメのキャラクターではなく、CGで「人間」を描くと未だに違和感がある。
それ以外の映像は実写と見紛うばかりなのに。
短い時間ならなんとかなりそうだけど、2時間を越える映画となると全編CGはまだ無理っぽい。トム・クルーズにはますます頑張ってもらわないと。

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP