忍者ブログ

つらつらつれづれ

Home > ブログ > 映画・ドラマ・舞台 > ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリー

札幌シネマフロンティアに問い合わせのメールをしたところ、「現状上映が行われるかは未定でございます」と、テンプレなのねって感じの返事が届いた。
未定でございますけど北海道だけ上映がないっておかしいでしょ。
2月までまだ時間があるから待つけどさ!がんばってよ。シネマフロンティア。
もーっとガンバってついでに「ハムレット」もやって。

ホームズさんの代わりに、ここのところ我が家では「コリン・ファース祭り」が開催中。
「高慢と偏見」から始まって、「ブリジット・ジョーンズの日記」「英国王のスピーチ」そして「ラブ・アクチュアリー」。
どれも良かったんだけど、最後に見た「ラブ・アクチュアリー」が予想していたのと全然違っていた。もっとお腹を抱えて笑っちゃうようなコメディーだと思ってたのに、見た後気持ちが「ふわんふわん」して幸せになる映画だった。
クリスマスの夜に劇場で見て、大通りのイルミネーションの中を歩きながらあーおもしろかったね、ちょっとお酒でも飲んで行こうかって言って、(ビールじゃなくて)ワインでも飲みながらenoughってなんだよーいや彼がenoughって思えるんならいいんだけどさー切なすぎるだろー!みたいなおしゃべりをぐだぐだとしたくなるような映画。女友達と。夫はだめだ、彼には「ふわんふわん」が理解できないに違いない。

俳優陣がとにかく豪華。
脇の人たちも「あれ?みたことあるな」という人がてんこ盛りで出演してる。(「ホーキング」のお父さんとか、「ダーゲット」の耳を撃たれてバスタブに落としちゃう人とか)

で、この豪華俳優陣19人によるラブ・ストーリーがそれぞれ展開していくんだけれども、「ああ、わかるわかる」「初恋ってそうだよねー」とかどれにも感情移入できちゃう。

コリン・ファースのお話は、颯爽とお姫様を迎えに行く王子様のよう。この人は、ラブ・ロマンスなストーリーではこういうキャラを演じることが多いのだろうか。なにしろ「キングスマン」で初めてコリンを意識し始めたから、こういう路線なのはちょっと意外。たまたまロマコメ系に偏って見ているだけなのかもしれないけどね。あっ!そういえば「裏切りのサーカス」にも出てたじゃーん!

それから、アラン・リックマン夫妻の話は、自分と年齢が一番近いカップルなせいか考えさせられてしまった。
若い時に出会ってお互いその魅力に惹かれても、時間が経つと肉体や精神は老いるし、惰性もでてくるし、それが変質してくるんだよね。でも、他人から見ればその時間とともに変質したものは、違った輝きにみえることもあるわけで。

途中、「うちのオトウサンは大丈夫かい」とN子に突っ込みを入れられる。
父は(多分)大丈夫。でも、母はカンバーバッチ氏にプロポーズされたら断れないと思う。オトウサンが青い目になってもいい?と答えたが、冗談半分どころじゃなく8割くらい本気だ。

とにかく切なさが残ったのはアンドリュー・リンカーンの話。
見たことあるなーと思ったら「ウォーキング・デッド」で主演してる人だ!この間1話だけ見た!
うーん・・・enoughなの?enoughって思うしかないもんね。でも切ないな~・・・。
この辺は誰かと語り合って心を落ち着けたい。お酒を飲みながら。誰かって言っても夫じゃだめなんだけどね。





マーティンのは・・・一体なんの撮影なのさ・・・?
でもスタンド・インだしね・・・上半身と下半身で別々にビジネス・ライクでいいんだよね・・・。いろいろとアレな体勢のままで、前だったり下だったり上だったりする女性と会話するのが可笑しい。
「胸揉んで」って指示を出された時に、「手が冷えてるから」って言いながらはあーって息を吹きかけて両手をゴシゴシして温めてから胸に手を添えるのが、彼の優しさ・心使いを感じられていいなって思った。いろいろアレな現場だけど。




他にもあるけど、コリンの話とアンドリューの話が好きだな。
もう年齢的に恋とか愛で気持ちが揺れ動くことはそうそうないけど、たまに「ふわんふわん」な気分になるのもいいね~っていう映画でした。
PR

2 Comment

マーティンは……

マーティンは、ポルノ映画のスタンドインをやっているんだと思います。なので、どのシーンもみんなそういうポーズw 

コリンとアンドリューの話、いいですよねえ。私も大好き。あと、踊るバカ首相も好き♡

ヒュー・グラントって

「ダメ男を演じたら世界一」って言われているんですね。
いい男なのに・・・残念なイケメン~。
映画の中でもあんまり首相っぽくなかった・・・。

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP