忍者ブログ

つらつらつれづれ

Home > ブログ > Benedict Cumberbatch > 杞憂する

杞憂する

恐る恐る投稿した前回の記事。
「お下品ね」と引かれるかと思っていましたが、予想外に沢山コメントしていただいてホッとしています。アリガトマス。

さて、あと1週間程で「ハムレット」が始まります。
楽しみに待っているのだけれど、チケット販売が上映日の2日前からっていうのが地方民にはちょっとキビシイ。2泊でホテルを予約していますが(2回見たいし)、果たしてどうなるのか。取れるのかチケット!?ただの東京観光で終わりたくなーい!

ところでですね、ロンドンで3ヶ月間上映された「ハムレット」ですが、ワタクシ日本人の感覚で土・日がお休みだと最近まで思ってました。大間違いですね。はずかしー。
月曜から土曜まで夜の公演、土曜はさらに昼公演もあって、学生向けに平日の昼にやる時も・・。
いやいやいや!よく3ヶ月これをこなしていたね!先行上映会でみたベネレットは汗だくだったよ。どれだけ一回の公演で体力・精神力を消耗したことか。
なのに公演が終わればステージドアに立ってにこやかにサインをする。時にはおもしろ顔でファンと写真を撮ったり。
あのエネルギーはどこから湧いてきているのだろう。

さらにカーテンコールの時には難民への募金の呼びかけ。
まだハムレットの余韻を顔にくっつけたままで、ベネディクト・カンバーバッチは観客に向かって子供達への募金を募る。先行上映会でその様子が映し出されたのを見た時は、たまたまそういうことをやった日にライブ用の撮影がされたのかと思っていた。
これも違うね?毎回カーテンコールの度にやってたんだね?
いやいやいや!本当にそのエネルギーは一体どこから湧いてきてるのさ!?

私は唯々凄い人だな~って感心するばかりだったけど、これに関しては「この場でやることじゃないだろ?」って思った方もいたようだ。しかし、最終日までやり通したベネさんのぶれない姿勢に「尊敬する」って文章を締めてたから批判してたわけではないのだけれども。
私が目にしたのはこれくらいだったけど(そして結局批判ではなかったけど)、他にもこういうやりかたには否定的な人がいたかもしれない。

BBCのインタビューで、自分には発言力があり、注目を集められる立場であること、バービカンでは募金を呼びかける貴重な機会を与えられた、ということを答えていたのを見た。
例え批判があったとしても関係ないんだろうなあ、この人にとっては。やるべきって思ったらその信念は曲がらないんだろうなあ。
凄いなあ・・・。

いやいやいや!
なんだかワタクシ「凄い」を通り越して、ちょっと「恐怖」を感じています、彼の生真面目さに。
最近はすっかり売れっ子になって仕事で大層忙しいだろうに、その合間にあちこち足を運んでは子供達のために、誰かのために行動するベネさん。
だからそのエネルギーはナンなんだよ!無尽蔵なのかよ!

ヤダ!怖い!
この人、このまま行くと人間じゃなくなるんじゃないの!?「聖ナントカ」みたいに名前が付いてどこかに祀られちゃうんじゃないの!?


そんなことが頭を掠めてしまう今日この頃です。

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP