忍者ブログ

つらつらつれづれ

Home > ブログ > 記事一覧

ホロウ・クラウン その3/系図






サムネをクリックすると大きな画像が出ます












「ホロウ・クラウン」のざっくりした系図です。
SEASON1は第一話しかみてないから、「これ、本当にこの人?」って思いながら画像張りましたけどあってますかね。
キニアさんはヘンリー4世の若い頃でいいんだよねえ・・・?
マーガレットとヘンリー6世の息子さんは、もう画像を探すのがメンドクサクなったのでパス。
ほらほら、ベネさんに首かっ切られて殺された人だよ!
一番下、ウォリック伯の娘がイザベルとアンです。イザベルとアンの間にウォリックが生まれたわけじゃないです。
これ、ウォリックお父さんを上に持ってくるべきだったかな?逆にわかりずらいかなー。
PR

無限ループ!

ただでさえこの時のシャーロックはカワイイのに、たれ耳とヒゲまでプラスするとはなんてあざといんでしょう!
ずっと見ちゃうじゃないの。





これはこれで・・・ずっと見続けてしまう。
ヴァン・ビューレン・スーパー・ノヴァ・・・。

Wimblebatch 2016






去年の今頃から比べたら、私の恋心も大分落ち着いたって感じですね!
なにしろ久々の恋だったので、女性ホルモンが暴走して毎日ハアハアしてましたからね!
自分でも(これはおかしい)と気がついているのにどうしようもなくて、人のおうちで長々としたポエミィなコメントを残したり・・・。
恥ずかしい!!

とにかく1年経って、「あら、嫁かわいいじゃない?」と思うようになりました。
この二人で手のひら合わせてるところなんて、微笑ましい~。かわいい~。

昨日はベネさんが見に来ているということで、ウィンブルドン見ました。
テニスも見ていましたが・・・やっぱり観客席のベネさん探しに忙しかった!
見つけた時はちょっと興奮。
今、生きてる、生の、本物のベネディクト・カンバーバッチだー!と。
変な日本語ですけど、頭の中はそんな感じ。

ああ、いつか本物に会ってみたいねー。
huge で massive なファンですって私も伝えたいよー。

浴衣batch







今日7月7日は浴衣の日なんですってよ、皆様。
なので私も浴衣batchの画像を貼りたい。
あっちでもこっちでも同じ画像を見かけるけど、貼りたいったら貼りたいの!!

この間、海外のベネさんファンが「スタトレの来日プロモーションが最高だった」って言ってくださっている、とツイートしてる方がいるのを見て、日本に来た時のベネさんのかわいらしさは特別だったのねと嬉しくなった。
同じく海外勢が、浴衣姿の画像に「殺す気か」ってリツイートしてたっていうのもみた。
浴衣batchが可愛いという気持ちは世界共通らしい。
どこがステキ?どのへん?
オリエンタルとかエキゾチックな感じなんですか?
あー、じっくり詳しく聞いてみたい。

映画のプロモ等で来日した女優さんが、着物や浴衣を着ているのを見かけることがありますが、可愛いんだけど・・・可愛いんだけど・・・なんだか違和感があるよなーと常々思っていたのだ。
だけど、ベネさんにはその変な感じがしない。
彼に浴衣を着せた人に表彰状とメダルを授与したいくらいだ。
はぁ~・・・ステキ・・・う~んかわいい・・・。


しかし。しかしなのだ。
そのツイートを見た翌日、気分よく開いた朝刊のコラムにこんなことが書いてあった。

『着物は顔が大きくないと似合わない。』

ホロウ・クラウン その2

ホロウ・クラウンが「リチャード三世」に入りました。Part 1です。
リチャードがセクシーで美しいなと思いました。
そして声がスゴく素敵。ちょっと低めに発声してるのかな。
やはり舞台で活躍すべき人なのかもねえ。
でも、彼の表情の豊かさ・細やかさは観客席からではしっかりと見えないだろうから、それはとてももったいないし。


リチャードが残虐な人間なのは、彼が異形であったためか?と思ったけれどそんなこともなかった、と前回書きましたが・・・やっぱりそうだった。(くどい)

異形に生まれついたものは忌まわしい存在だと、そんな自分を否定する世界など愛せようはずもない。
ただ、彼が憎悪する世界には、彼自身も含まれているように思えてならない。
彼の心の内は、画面を通り越して直接こちら側に語られるけれど、まだ言葉になっていない深みには憎しみ以外の感情もあるのではないのか。
そんなことを感じさせるベネさんのリチャードでした。
Part1を見た限りでは、リチャードがただ狡猾で残忍なだけの人物には思えない。
演じる側がどう解釈するかでかなり印象が変化しそうな役だなと思いました。


 
この顔好き~。
シャーロックの時もこんな顔してましたね。




アンと森で別れた後のシーン。
口にする言葉とは裏腹に涙を流すリチャード。
ここ、涙が流れているのは分かるものの、画面が暗くてリチャードの表情が見えないんですが、画像を明るくしてみるとこんな顔してた・・・。
舞台だと見逃してしまうかも。
こういう演技が、ベネさんのリチャードがただの悪役ではないと感じさせる所以ではないかと思うんですよ。

PAGE TOP