忍者ブログ

つらつらつれづれ

Home > ブログ > 記事一覧

ヘイミッシュとスコット

そういえば「SHERLOCK」を見ていてこんなことを考えてたな~・・・と、ふと思い出した話。


S3E3「最後の誓い」でのシャーロックのセリフ

“ William Sherlock Scott Holmes.
  That's the whole of it.
  If you're looking for baby names. ”

ここのところイティハーサみたーい。



「イティハーサ」はぶ~けで連載されていた古代日本を舞台にしたファンタジー漫画。
この中の設定で「真名を知られるとそれを知っているものに強制的に従わせられる」っていうのがあった。
本当の名前(真名)はむやみに人に知られてはいけないのだ。
真名については、他の作品でも見かけるから(元はなんだろう?ゲド戦記かな?)目新しい話ではないんだとは思うけど、この水樹和佳さん(現在は和佳子さんですね)の漫画はストーリーが面白くて未だに印象深く残っている。
「真名を知られると・・・」って話が出てくると「イティハーサじゃん!」って反射的に思っちゃうのだ。

本当の名前を知られると、それを知った相手に従わなければならなくなる。そう言ったリスクを承知のうえで自ら名乗りを上げるってことは、その相手が信頼に値するってことだ。
自分のすべてを、命すら預ける覚悟があるってことだ。

それが頭に浮かんだので、シャーロックがジョンに自分の名前を教えたって言うのはものすご~く重大な決心を持ってのことじゃないのか、だとしたらこの後の展開が怖いじゃないか!と。

おまけに。
その名前を君の子供に、とまで言ってしまうシャーロック。
まるで死に逝く人が自分のすべてを相手に託そうとしているよう。

あれっ!?シャーロック死んじゃう!?
そりゃあお兄ちゃんが「持って6ヶ月」なんて言ったけど、そんなことにならないでしょ?
なんでそんな悟りきったような、慈母のような笑みでジョンを見るんだよう!やめてー!


・・・と、season4が決定してるのを知ってるにもかかわらず、動揺しまくりながら見てた思い出・・・。
そして速攻で戻ってくる飛行機に腰砕けになった思い出・・・。
懐かしい・・・。


ところで、この「名前を相手に告げる」はジョンのほうが先でした。
“John Hamish Watson,
 just if you were looking for baby names.”

「ベルグレービアの醜聞」でシャーロックとアイリーンにほとんど無視されてヘソを曲げたジョンが言ったセリフです。
コレを踏まえての「最後の誓い」でのシャーロックのセリフなんでしょうね。同じですもん。
しかしジョンが先に告げたとは言え、正確にはこの時点ではシャーロックが実力行使で調べ上げて、ジョンのミドル・ネームは謎ではなくなってるので、シャーロックの時のように劇的でもなんでもないですけども。


「ベルグレービア」ではもう一つ、seasonをまたいだ二人のやり取りのきっかけとなるジョンのセリフがありますよね。
 
“ In which you enumerate 240 different types of tobacco ash.
  Nobody's reading your website. ”
『“タバコの灰 240種の一覧” なんて誰が読む?』

この時のシャーロックの表情、大好きです。
唇が「ちぇっ」って言ってるみたいに小さく動くのがふてくされた子供みたい。

そして時を経て、 stag night でグデングデンに酔っ払ったシャーロックが言う “ I know ash. ” 。



この画像、貼るの2度目ですけどこの顔も大好きなもので・・・。
この時は腕をぶんぶん振り回して、これまた子供みたい。
ずーっとずーっとジョンに言われたことを気にしていたんだろうなと想像すると、可笑しいやら可愛らしいやら。



これらのことは、ほんの些細な、たわいもない、二人の会話の一部だと思います。
真名がどうの、なんてこともなく。

ただ、そこから想像するのは、たわいもない会話だとしても記憶に残るくらいシャーロックには大事なものなんだろうと言うこと。
二人が出会ってからの、ジョンがシャーロックに掛けた言葉はシャーロックの中に残り、それが今のシャーロックを形作っていっているのだろうな、と「最後の誓い」を見たあとに思ったわけです。

PR

All is All


男とか女とか、そんなものを超越しているのではないか。オールちゃんは。
初めて目にした時は(ひょえっ・・・!!)と、見てはいけないモノを目にしたような気がしましたが、やっぱりそれは全くの気のせいで、だんだんと神々しくさえ思えてきました。



なんというか、この辺の御方達と同じ香りがする・・・。

44秒辺りからのベネさんの演技で「ぐふっ・・・ぐふふふふふ・・・」と含み笑いが漏れてしまいます。カンバーバッチの無駄遣い!!
1本、ホントに1本でいいからベネさん主演のコメディ作って欲しいなあ。






オマケ。

うえのひととー
したのひとはー
おなじひとなのよー
おーる いず おーる で あい あむ べたー えぶりしんぐだもの。

ホロウ・クラウン その1

「ゲースロ」だけでなく、「夫」という避けるわけにはいかない壁のせいで、妻のドラマ鑑賞は予定通りいかないんだー!妻はお出かけするより、一人でTVを見たいんだよ・・・。
ほらもー、あっという間にベネさんの登場回じゃないか!

というわけで、きっちりシーズン1から観る予定でしたが、さっくり飛ばしてシーズン2。
予習も叶わず真っ白な状態で、1話から3話まで鑑賞。
シーズン1のリチャード二世を観た後のヘンリー六世なんですけど、この人もアレ?って感じの王様だなー。しましまさんが言っていたのはこれか!
一言で表すと・・・ヘタレ?
リチャード二世はまだ1話だけなので、きっとあの後続きを観ればバカ殿の印象は変わるんじゃないかと思ってるんですが、ヘンリーはどうだろうか・・・。
今後の展開に期待しましょう。

本当になんの準備もなく見始めたので、内容がどうとかいうのは後に置いておいて。
リチャードの初登場シーンが可愛らしかったな!とまず私は言いたいわけです。
それだけです。



わあ!可愛らしい♡



わあ!顔がなげぇ♡・・・ではなくて。
可愛いなあ、と思いました。本当です。
無邪気な、子供みたいな顔だな~と。

リチャード三世の残忍さ、というのはもしかしたら、彼の幼少時代に受けた身体的ハンディキャップへの非道な扱いも一因かと思ったのですが、そういう描写はなかったですね。
ちゃんと分け隔てなく親から愛情を受けているように見えました。
だとしたら彼の残忍さは持って生まれたものなんでしょうか。
まあねえ、無邪気さと狂気は紙一重ですしね。
(最近ではリチャード三世は今まで信じられてきたような恐ろしい人物ではなかったという説もあるようですが)

リチャードがあまりにも無垢な表情を見せるので、はて、この時彼は何歳であろうかとwikiで調べてみました。
ざっと通して観ただけなので年代がよくわからないんですが、サマセット公が戦死したことから、多分3話の最後は1455年のセント・オールバーンズの戦いでしょうか。
リチャードが生まれたのが1452年。
だとしたら
上の画像のリチャードは3歳です!!


いくらなんでもそりゃないだろうよ、ともうちょっと調べたところ、シェイクスピアの「ヘンリー六世」ではリチャード三世の年齢は本来のものより上げて描かれているそうなので納得。
十代後半か二十代前半・・・とかそんなところでしょうかね~。

どちらにしてもベネさんの年齢よりずっと若い役であるのは間違いない。
そしてほとんど情報なしでみた私には、未来にまだなんの憂いも感じていない、真っ直ぐな視線を持った子供、に見えたわけです。
だって3歳だものね!!(←違う)

40を目前にして3歳を(本当は違うけど)表現するベネディクト・カンバーバッチ。
恐るべし(違うけど)。

Huluみてます!

Hulu、堪能してます。
最近はつまんなくてTVはほとんど見なくなっていたんですが。
いやー、いいね!!

「ゲーム・オブ・スローンズ」!!



「ホロウ・クラウン」を見るつもりだったのに~。
そのためのHuluなのに~。
見始めたら続きが気になって気になって、あっという間に第1シーズンを見てしまった。


でもって、ゲースロの第1シーズンを見終わったところでじゃあ「ホロウ・クラウン」見ようか・・・と見始めたのはいいけど、ついうっかりシーズン1から見ちゃった。
ここから始めるとリチャード三世までの道のりが遠くなるけど、まあいいか。

 

とりあえず第一話を鑑賞。
あのー・・・、ベン・ウィショーくん演じるリチャード二世って、あのー・・・なんとなくバカ殿っぽいですね?
ちょっとした仕草とか、柔らかい物腰とかが(こんな感想、しましまさんに怒られてしまうだろうか・・・)。




さて、このように続けざまに「ゲーム・オブ・スローンズ」「ホロウ・クラウン」と見たわけですが、方やファンタジー、方や歴史物(?)。
なのに画像を見ても分かるように、その世界観にあまり違いがないの。



こちらは「ゲーム・オブ・スローンズ」のショーン・ビーン。
「ホロウ・クラウン」に出演してるショーン・ビーンです、と紹介しても違和感なし。
どちらも “お城” だし、“王様” だし、“騎士” だし。
「ホロウ・クラウン」てシェイクスピア作の “Game of Thrones / 王位争奪戦 ” だ、と言ってしまうのは乱暴か。それでもって画面の隅にドラゴンが出てきても気にならないと思うんだよ。

この “お城” で、“王様” で、“騎士” で、という世界だとドラゴンが出ようが魔法使いが出ようが、なんの疑問も持たずにストーリーに集中できるのって不思議。
映像のクオリティの高さ故・・・なんでしょうかねえ。
どこからが現実で、どこからがCGなのか見分けがつかないもんねえ。
映画ではなくドラマなのに!海外のテレビ局、とんでもなく金持ちだな。


でもって、ちょっと脱線しますが、我が国で「ファンタジー」って何かあったっけ? “お城” で、“殿様” で、“武士” なファンタジーね。

ドラゴンはいないけど、そこんとこは「竜」を出しておけばいいよね。
あとは・・・河童とか、天狗とか、妖怪の類いが出てきて・・・。
あれ。あんまり美しくないな。地味だな。泥臭いな・・・。

小説とかマンガで、ぱっと思い浮かんだのは手塚治虫の「どろろ」。
あとは上橋菜穂子さんの「守り人」シリーズと、小野不由美さんの「十二国記」なんてとてもおもしろいんだけど、日本が舞台か?って言うとちょっと違うしな~。

ちょんまげをファンタジーにするのは難しいんだろうか。
いや、ちょんまげにこだわらなくてもいいんだけども。佐藤さんや鈴木さんが活躍するファンタジーは作られないんだろうか。
でもさ、もし作品として素晴らしいモノが出来上がったとしても、映像にしちゃうと一気に嘘くささが鼻についちゃうんだよね、きっと。
あれはなぜなんだろう。
映像のクオリティのせいなのか、それとも何か他に理由があるのか。
なぜなんだよー!





PAGE TOP